再生可能で安全、強く、そして美しい

数千年にも渡って利用されていながら、まだまだ未知の世界が拡がる木材。現在でも、建築において樹木特有の細胞構造が秘める可能性、そして炭素を吸収貯留する能力のほんの一角がみえてきたにすぎません。設計建築業界のリーダーとなる人々が将来に向けた持続可能性のために、木材に注目しているのも当然と言えるでしょう。

なぜ木材なのか ―専門家の声―