環境と社会と経済のバランス

製材工場の粉塵安全性対策

Japanese

インターフォーは、製材工場内の可燃性粉塵によるハザード対策を常に策定してきましたが、昨年は100万ドル以上を設備投資し、安全手順の強化とトレーニングを実施しました。業界全体で展開している製材所の粉塵蓄積の問題に対するプロトコルや設備を開発する運動にも継続して参加しています。